アトリエセン 2周年を迎えました

日々のこと

こんにちは、京都の色鉛筆教室アトリエセンの則武千鶴です。

アトリエセンは2021年4月6日、今日でまる2周年を迎えました!
2年も続けてこられたことにとても感謝!本当に、生徒さんやお友だち、家族のおかげさまです。
みなさまありがとうございます(^o^)

去年の4月から、今年の4月まで1年間でいろいろ大きな出来事がありました。

1つめ
8月に、初めての教室展を開くことができたこと。
私にとっても生徒さんにとっても、大きな経験となりました。

2つめ
自分の個展を同時代ギャラリーでできたこと。
この個展では、最近の5年ほど雲ケ畑をテーマに制作してきたことを、思い残すことなく創り、展示できました。全部やりたいことをやった!という自分の中で今までにない満足感が得られました。

3つめ
自宅とは別に、教室兼アトリエとなる押小路教室を持てたこと。
これは私にとって本当に大きな1歩でした。自分のアトリエを持って、自分の責任で自分のやりたいことをきちんと続けていくこと。これからの目標ができた1歩でした。
自分でどうこう、、と言っていますがいろんな方に甘えまくりの頼りまくりです…(^_^;)
できるだけ協力していただいている方々にいろんなことを返していけるように、もっと頑張っていきたいです!

これからもみなさま、よろしくお願いいたします!

先日、哲学の道に行った時の感動した風景。こんな風景も絵にできるようになったらいいのになあ、と思いました。

そして哲学の道を行く途中で描いたスケッチ。今はまだこんなんですが、もっと上手くなりたいなあ、とほんまに思います。いっぱい描いて練習〜〜。これもこれからの目標です(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました