アトリエセンonline テストレッスンレポート

教室のこと

アトリエセンonline テストレッスン開催しました。
今日のレッスンは、今まで京都の教室に参加してくださっていた生徒さんと、ワークショップからの生徒さん、初めての生徒さん皆さん合同でのレッスンでした。

そしてスペシャルゲスト!以前、京都に滞在中に参加してくださったJodyさんが、ニューヨークから参加してくださいました!
Jodyさんの街は、ニューヨークの中心地から少し離れているので、外出も普通にできるそうです。
スーパーやドラッグストア、薬局、グロッサリー、ホームセンターなどは営業しているのだそうです。とても元気そうだったので安心しました。
オンラインだと、すぐ近くにいて話しているような感覚です。今さらですが素直にインターネットってすごいなぁ〜と。。。感心してしまいました。
ちなみに私はまさに「出川イングリッシュ」なので(出川さんごめんなさい)、青年海外協力隊から帰ってこられたばかりというKanakoさんが英語のサポートをしてくださいました。
は〜良かった。助かりました。

久しぶりに会えたいつもの生徒さんや、お友だち、ひとしきりおしゃべりして盛り上がりましたが、やっぱり皆さん真剣にお絵かきタイム。黙々と描いてる時間が心地良いです。
私一人、興奮してしまってぜんぜん描けませんでしたが。。

23日のワークショップに参加してくださったMegumiさん。さらに描きこんで密度、完成度アップしました。こっくりとした赤い花びらの描写ができています。絵にメリハリがつきました!

Yさんの作品。途中経過です。黒い紙に陶器のワインの瓶を描いておられます。瓶は形をとるのが難しいのですが、ささっと難なくクリアされていたのでびっくりしました。完成が楽しみです。

Yokoさんのダリアの作品。先日のワークショップの続きでさらに描きこんでおられます。なんと、普通の12色の色鉛筆で描いておられました。それなのにこの瑞々しい鮮やかなオレンジ色、茎の複雑な渋いモスグリーン、すごくリアルな色表現です。花全体に当たる光と影の表現も出てきてて、とっても良い絵ですね!

初めて参加してくださった、Kanakoさんの「わすれな草」の作品。とっても小さなお花を細かく、良く観察して描いてくださいました。わすれな草の花の特徴を良く描写されています。
ひとつひとつの花の色と、全体の陰影もできています。かわいい作品です。
もともと小学校の先生をされていたKanakoさん。英語も堪能で、今日は心強いサポート、ありがとうございました!

初めて参加してくださった、Tomokoさんのラベンダーの作品。
この作品、めちゃ素敵です。絵本のような雰囲気があります。
細かいラベンダーの葉っぱや細い茎を丁寧に描写されています。うっすらと白く粉をふいたような葉っぱの緑色を出すために、緑だけでなく、紫や水色、黒やグレー、いろんな色を重ねて苦心されているのがよくわかります。紫の花の部分も青やピンク、緑を駆使して愛情込めて描いておられます。白い植木鉢も、黒く汚すことなくうっすらとグレーで丁寧に描かれていて優しい空気が流れているような静かな立体感、とっても素敵です。

Yuzukiちゃんの作品。タンポポとハルジオンを花瓶にかざっている、静物画です。思い切った黒、素晴らしいです。花瓶のツヤや映り込みまで描けています。花瓶の平たく広がった口の描写、これが無意識で自然に描けるのが不思議でしょうがないです。本当に小学4年生とは思えないです。
黒でしっかり塗り込んであるので瓶のどっしりとした重さと、ふわっと描いた花の軽やかさ、質感や重量感まで感じさせる描写ができています!
背景やテーブルの面も描いているので立体的な空間も意識できていますね。
素晴らしいです。どんどんいろんなモチーフを描いていきましょう!

アトリエセン onlineレッスンは、5月から毎週土曜日、10:20〜12:20開講いたします。

オンラインはなんとなく好きじゃない、、、できる環境が用意できない、、、
時間を合わせることができない、、、という方には郵便を使った通信添削もおすすめです!
文通みたいでほっこり、これも楽しいやりとりができます。
詳しい内容は、下のリンクを見てくださいね!

★オンラインレッスン、通信添削の詳細はこちら★

★お申し込み、お問い合わせはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました